電通が母体のデジタルマーケティング専門会社 電通デジタル企業分析(転職・おすすめ)

電通が母体のデジタルマーケティング専門会社「電通デジタル」へ転職したいと考えたことはありませんか?
企業の採用HPや口コミを見ても情報量が多くイマイチイメージがつきづらいこともあるかと思います。
このページではWEB・IT業界で複数回転職に成功した管理人がオススメ企業を徹底的に分析していきます。

特徴

母体が日本を代表する総合代理店電通である

2016年7月設立の若い会社

募集職種が多い

デジタルマーケティングにおける実務作業を網羅的に行える

企業詳細

代表者名 代表取締役CEO 山口 修治
設立 2016年7月1日
資本金 4.4億円
従業員数 777名(2016年7月1日)
事業内容 デジタルマーケティングの全ての領域に対する、コンサルティング、開発・実装、運用・実行の提供
所在地 東京都港区東新橋1-8-1(電通本社ビル内)

直近売上推移

※電通の連結子会社のため、電通の直近売上推移を表示しています。
※下部の項目をタップすることで表示を切り替えることができます。

事業領域

デジタルマーケティング支援
マーケティングやビジネスプロセスのデジタル化を行います。

デジタルトランスフォーメーション関連サービス
マーケティングやビジネスプロセスのデジタル化を行います。

カスタマージャーニー関連サービス
企業のターゲットユーザーが商品やサービスを認知し、関心を持ち、購入するまでの導線における各種サービスを提供します。

テクノロジー&データ関連サービス
企業が内包しているビッグデータを用いて、最先端テクノロジーを掛け合わせることで、革新的なマーケティング支援を実施しています。

評判・口コミ

仕事のやりがいと成長性 ・個人に対してしっかりと力を把握し、無理の無いギリギリこなせるレベルの仕事をやらせてもらえる
・評価と給与がしっかりと紐づいているので、成果を上げるモチベーションが高くなる
・優秀な技術者が多く、切磋琢磨して自身のスキルアップを目指せる
職場の雰囲気と人間関係 ・優秀な人材が揃っており、意識、スキル、モチベーションの平均値が高い
・多様な経歴の人材が多く特定領域のスペシャリストも在籍している
・年功序列は無く、男女平等、実力主義といった社風

まずは転職エージェントの登録から始めてみよう

直近で転職する予定がなくても、一度エージェントに登録しておくことをお勧めます。
どこでも通じるようなスキルを現職で磨くことも大事ですが、転職がうまくいくかどうかは「ご縁」の部分がかなり大きいです。
転職エージェントを登録し、定期的に情報収集を行なうことで、良い「ご縁」の確率を上げることができるはずです。
また、転職の相談をすると自分のスキルの棚卸しができるため、現職での仕事の捉え方や取り組み方が整理できるきっかけにもなります。

以下は管理人おすすめの転職エージェントです。
ひとまずは登録してみることがキャリアアップの近道になります。

doda


リクルートエージェントやマイナビと並ぶ大手の転職エージェントです。
僕が今の転職先を決めたのがdoda転職エージェントでした。
コンサルタントの方からも面接や履歴書の書き方など、採用されるためのアドバイスをたくさんいただけたので、非常に満足した思い出があります。

大手の転職エージェントなので、セミナーや転職ノウハウなどのコンテンツも充実していました。

     詳細はこちら     

パソナ


大手人材のパソナグループが運用している転職診断サイトです。
6項目の選択式の問いと簡単な経歴を入力すると適正な年収の相場が算出されます。
そのままパソナキャリアのスカウトサービスに申し込めるので便利です。

     詳細はこちら     

マイナビジョブ20’s


第二新卒、20代に特化している転職エージェントがこのマイナビジョブ20sです。
マイナビ転職よりも第二新卒、20代向けの求人が多いのが特徴です。
独自のコンテンツとして「適正診断」があり受検者が自身の行動スタイルと照らし合わしながらテストに回答していき、自分の仕事にまつわる特徴を診断してくれます。
また適正診断後、コンサルタントがついてくれる点も特徴です。

     詳細はこちら     

ぜひこのページを転職活動に役立ててくださいね。