スマートフォンゲーム全盛期の顔役「パズドラ」!ガンホー・オンライン・エンターテイメント企業分析(転職・おすすめ)

人気スマートフォンゲーム「パズル&ドラゴンズ」で有名な「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」へ転職したいと考えたことはありませんか?
企業の採用HPや口コミを見ても情報量が多くイマイチイメージがつきづらいこともあるかと思います。
このページではWEB・IT業界で複数回転職に成功した管理人がオススメ企業を徹底的に分析していきます。

特徴

「パズル&ドラゴンズ」でRPG+αの基礎を確立

自社IPを生かしたコンソールゲームを展開

古株人気PCオンラインゲーム「ラグナロクオンライン」を運営

企業詳細

代表者名 代表取締役社長CEO 森下 一喜
設立 1998年7月1日
資本金 5,338百万円 (2018年6月末日現在)
従業員数 連結:1,142名(単体:389名)
事業内容 スマートフォンゲームの企画・開発・運営・配信
コンソールゲームの企画・開発・販売
PCオンラインゲームの企画・開発・運営・配信
所在地 東京都千代田区丸の内1丁目11番1号パシフィックセンチュリープレイス丸の内

直近売上推移

※下部の項目をタップすることで表示を切り替えることができます。

事業領域

スマートフォンゲーム
2012年2月20日に「パズル&ドラゴンズ」をリリースし、RPGとパズルを融合したパズルRPGとして業界TOPクラスの大ヒット作となりました。
「パズル&ドラゴンズ」はスマートフォンゲーム全盛期に売上ランキング上位に居続け、アクティブユーザーの多さと知名度で爆発的な売上を誇りました。
その後も「ケリ姫」や「サモンズボード」などをリリースしており、最近では他社IPのゲーム開発にも乗り出し、スマートフォンで位置情報を利用したゲームの「妖怪ウォッチ ワールド」を運営しています。

コンソールゲーム
自社IPを生かしたコンソールゲームを発売しており、「パズル&ドラゴンズ」はニンテンドー3DSで「パズドラZ」、「パズドラクロス」、任天堂とのコラボ作として、「パズル&ドラゴンズ スーパーマリオエディション」の3作を発売しています。
その他にも、「ラグナロクオンライン」から派生した「ラグナロクオデッセイ」もPSVITAで発売後、売上好調のためPS3でも展開されました。

PCオンラインゲーム
2002年から続く「ラグナロクオンライン」を運営しています。
PCオンラインゲームの黎明期から現在まで運営継続してるサービスは珍しく、知名度も含めPCオンラインゲーム界のレジェンド的存在になっています。

評判・口コミ

仕事のやりがいと成長性 ・自分のモチベーション次第で様々な仕事に挑戦させてもらえる
・開発に携わることが出来るので、常にスキルアップを狙っていける
・ユーザーに対する誠実さなど、サービスの基礎的な部分もしっかりと学べる
職場の雰囲気と人間関係 ・上司、部下間でのコミュニケーションは取りやすく、意見をしっかりと聞いて貰える
・良くも悪くも新卒採用が少ないので、社員が中堅以上のポジションが多い

ぜひこのページを転職活動に役立ててくださいね。