デジタル素材のオンラインマーケットプレイス、ピクスタ企業分析(転職・おすすめ)

有名素材サイト「PIXTA」をサービスしている「ピクスタ」へ転職したいと考えたことはありませんか?
企業の採用HPや口コミを見ても情報量が多くイマイチイメージがつきづらいこともあるかと思います。
このページではWEB・IT業界で複数回転職に成功した管理人がオススメ企業を徹底的に分析していきます。

特徴

デジタル素材を扱うプラットフォーム事業がメイン

有名素材サイト「PIXTA」はこの会社!

企業詳細

代表者名 代表取締役社長 古俣 大介
設立 2005年8月25日
資本金 連結10319,477千円(2019年6月末時点)
従業員数 連結100名、単体82名(2019年6月末時点)
事業内容 デジタル素材のオンラインマーケットプレイス「PIXTA」の運営
出張撮影プラットフォーム「fotowa」の運営
芸術家支援プラットフォーム「mecelo」の運営
所在地 東京都渋谷区渋谷二丁目12番19号 東建インターナショナルビル5階

直近売上推移

※下部の項目をタップすることで表示を切り替えることができます。

事業領域

プラットフォーム事業
写真をメインにイラストや動画、音楽などをデジタル素材として商材にするオンラインのマーケットプレイスを運営しています。
最も有名なコンテンツは「PIXTA」で、個人から企業まで幅広く利用される、日本最大級のデジタル素材のマーケットプレイスです。
アジアの市場にも展開を初め、韓国、台湾、タイなどでも支持され始めています。
その他には出張撮影でプロに撮影して欲しい人と、撮影する側のフォトグラファーを繋ぐ個人向けのマッチングサービスの「fotowa」や、スマホアプリから手軽に写真を売買できるサービスの「snapmart」があります。
ネットが普及し、アナログからネットへクリエイターの活動が移っているので、時代に沿ったコンテンツだと思います。

評判・口コミ

仕事のやりがいと成長性 ・ベンチャー企業としては落ち着いていて、ある程度安定してきているベンチャーで働きたい人に丁度いい職場
・誰にでもチャンスがある訳ではなく、上司に気に入られる必要がある
・上司との面談制度があり、四半期に一度フィードバックを丁寧に貰えたり抱えている問題を相談できる機会が設けられる
職場の雰囲気と人間関係 ・残業は少なく、有給も取りやすい!余裕を持って働いてる人が多いと感じたが給与は業界水準より低い
・上司にのお気に入りになる事が仕事に直結する為、人間関係に疲弊している人がそこそこ見られる

まずは転職エージェントの登録から始めてみよう

直近で転職する予定がなくても、一度エージェントに登録しておくことをお勧めます。
どこでも通じるようなスキルを現職で磨くことも大事ですが、転職がうまくいくかどうかは「ご縁」の部分がかなり大きいです。
転職エージェントを登録し、定期的に情報収集を行なうことで、良い「ご縁」の確率を上げることができるはずです。
また、転職の相談をすると自分のスキルの棚卸しができるため、現職での仕事の捉え方や取り組み方が整理できるきっかけにもなります。

以下は管理人おすすめの転職エージェントです。
ひとまずは登録してみることがキャリアアップの近道になります。

doda


リクルートエージェントやマイナビと並ぶ大手の転職エージェントです。
僕が今の転職先を決めたのがdoda転職エージェントでした。
コンサルタントの方からも面接や履歴書の書き方など、採用されるためのアドバイスをたくさんいただけたので、非常に満足した思い出があります。

大手の転職エージェントなので、セミナーや転職ノウハウなどのコンテンツも充実していました。

     詳細はこちら     

パソナ


大手人材のパソナグループが運用している転職診断サイトです。
6項目の選択式の問いと簡単な経歴を入力すると適正な年収の相場が算出されます。
そのままパソナキャリアのスカウトサービスに申し込めるので便利です。

     詳細はこちら     

マイナビジョブ20’s


第二新卒、20代に特化している転職エージェントがこのマイナビジョブ20sです。
マイナビ転職よりも第二新卒、20代向けの求人が多いのが特徴です。
独自のコンテンツとして「適正診断」があり受検者が自身の行動スタイルと照らし合わしながらテストに回答していき、自分の仕事にまつわる特徴を診断してくれます。
また適正診断後、コンサルタントがついてくれる点も特徴です。

     詳細はこちら     

ぜひこのページを転職活動に役立ててくださいね。